English Page
www.jseinc.org内を検索
HOME >海事情報 > 海事法律事務所 > 田川総合法律事務所

刊行物の一覧・ご注文
竣工船フラッシュ
マーケット・レポート
内航ニュース
海事法事例検索
雑誌記事検索
海事法律事務所
セミナー等
リンク集
採用情報
お問い合わせ
の表示があるページは当所会員のユーザIDとパスワードが必要です。
Total Access:

海事法律事務所

田川総合法律事務所

English Version

      
事務所名 田川総合法律事務所
所在地 〒104-0061
東京都中央区銀座6−12−15
いちご銀座612ビル6階
TEL 03-3575-0361
FAX 03-3575-0364
事務所概略 当事務所は田川俊一弁護士によって開設された我が国でも有数の伝統のある事務所である。これまで当事務所が取り扱った主要海難事件には以下のものがある。第拾雄洋丸/パシフィックアレス衝突事件、日昇丸/米国原子力潜水艦ジョージワシントン衝突事件、調査船へりおす沈没事件、潜水艦なだしお/第1富士丸衝突事件、ヨット・マリンマリン/ヨット・たか号転覆事件
取扱事件
海難事件
船舶衝突、沈没、座礁、油濁事故等のあらゆる海難事件において、事故原因の調査、海難審判(海事補佐人として活動)、運輸安全委員会(補佐する者として活動)、刑事事件(被疑者、被告人それぞれの場面で弁護人として活動)、民事事件(訴訟外の示談交渉、民事訴訟において代理人として活動)、海難審判取消訴訟(代理人として活動)においてワンストップのリーガルサービスを提供する。なお、責任制限の申立てや共同海損に対するアドバイスも行う。
貨物求償、防禦
国内外の事案(海上輸送、陸上輸送、航空輸送)で貨物求償・防禦の交渉及び訴訟を担当する。国外の訴訟案件では、海外の弁護士を起用して依頼者の利益を最大化すべく活動する。
海上保険
意見書の作成、ADRに対するアドバイス、示談交渉、訴訟を担当する。
海事関連契約
用船契約(定期用船契約、航海用船契約、個品運送契約)、船舶売買契約、救助契約、造船契約、船荷証券等の各種海事関連契約についてアドバイスをする。また、LNG船やオフショアコンストラクションに関する契約についてもアドバイスをする。
海事倒産
国内外の事案で、債権の回収のアドバイス、債権者の代理人として船舶の差押えも含めたあらゆる手段で債権の回収をする(海外での差押え等については海外ネットワークを活かし対応する)。債務者のために、会社の再生のための法律アドバイス、債権者との折衝、会社更生、民事再生、破産の申立てを行う。船舶が差押えられた場合には解放に向けた活動もする。
所属弁護士等 田川 俊一 弁護士、海事補佐人、海事補佐人会会長、日本交通法学会会員、日本航海学会会員
竹谷 光成
 Website
弁護士、海事代理士、海事補佐人 
黒田 直行 弁護士、海事補佐人
松村 房弘
 Website
客員弁護士、海事補佐人、一級海技士(航海)
畑中 美秀
(非常勤)
海事補佐人、元門司地方海難審判理事所長
藤沢 順 マリンコンサルタント