English Page
www.jseinc.org内を検索
HOME > セミナー・講演会 > 海事判例研究会 > 海事法研究会(神戸)

刊行物の一覧・ご注文
竣工船フラッシュ
マーケット・レポート
内航ニュース
海事法事例検索
雑誌記事検索
海事法律事務所
セミナー等
リンク集
採用情報
お問い合わせ
の表示があるページは当所会員のユーザIDとパスワードが必要です。
Total Access:

海事法研究会(神戸)

第375回 海事法研究会        

(2016年11月11日アップロード)

開催要項

来る12月7日(水)に、第375回海事法研究会を開催することとなりました。
今回は、毎年この時期の恒例となりつつありますが、日本海運集会所より、仲裁グループ・マネージャーの一戸康佑が「傭船料の支払条項は、やはりConditionではない」と控訴院が判断したGrand China Logistics Holding (Group) Co Ltd v Spar Shipping AS [2016] EWCA Civ 982を題材に、以下のとおり報告、検討致します。

1.本事件の概要
2.ケーススタディー「船主は、如何なる場合に本船の引揚と損害賠償請求ができるか」
  The anti-technicality clauseの有無、履行拒絶の成否、船主が契約違反となる引揚等について
  具体的事例を踏まえての検討
3.まとめ

海運マーケットの低迷が続いている昨今、傭船料の不払いや減額要請、早期返船等のケースが後を絶たず、船主側も傭船者側も、現状のマーケットの下でいかに活路を見出していくか、難しい局面に立たされているものと理解しております。
本判決は、このような状況下における船主側・傭船者側の対応について、重要な示唆を与えるものといえ、本判決をベースとしたケーススタディーにより、関連する法律問題についてのご理解を深めていただくことには大きな意義があると考えられます。
ぜひ、多くの皆様にご参集いただければと考えております。また、研究会終了後には、懇親会を開催したいと考えておりますので、奮ってご参加くださいますようご案内申し上げます。
つきましては、ご出席を希望される方は、2016年12月1日(木)までに下記「照会先・申込先」までご連絡ください。

開催日時

 2016年12月7日(水)18:30〜20:00ころ18:00〜
 
研究会終了後、懇親会を予定しています(懇親会会場:未定 会費:5,000円程度)。

場所

 弁護士法人東町法律事務所 神戸事務所 セミナー室 MAP
神戸市中央区京町80番 クリエイト神戸10階
電話:(078)392-3100

スピーカー

 日本海運集会所 一戸 康佑(仲裁グループ マネージャー)

テーマ

 Grand China Logistics Holding (Group) Co Ltd v Spar Shipping AS
 [2016] EWCA Civ 982

 1.本事件の概要
 2.ケーススタディー「傭船料未払いに対して取り得る船主の対抗手段」
   The anti-technicality clauseの有無、履行拒絶の成否、船主が契約違反となる引揚等について
   具体的事例を踏まえての検討
 3.まとめ

照会先・申込先

 ご出席を希望される方は、2016年12月1日(木)までに、以下までご連絡ください。

 海事法研究会(神戸)幹事

  弁護士法人東町法律事務所 神戸事務所
  担当:弁護士 手塚 祥平
  神戸市中央区京町80番 クリエイト神戸9階
  TEL:(078)392-3100/FAX:(078)392-3113