English Page
www.jseinc.org内を検索
HOME > セミナー・講演会 > 不定期船実務の基礎知識

刊行物の一覧・ご注文
竣工船フラッシュ
マーケット・レポート
内航ニュース
海事法事例検索
雑誌記事検索
海事法律事務所
セミナー等
リンク集
採用情報
お問い合わせ
の表示があるページは当所会員のユーザIDとパスワードが必要です。
Total Access:


セミナーのご案内

海運実務研修講座(22)

「不定期船
実務の基礎知識(全9回)」

【 不定期船ビジネスを海陸双方向から学ぶ 】

      ※講師の都合により、11月19日(月)に予定しておりました第5回を11月14日(水)へ
       変更いたします。変則的なスケジュールとなりますことをお詫び申し上げます。
       ご理解ご了承の程、よろしくお願い申し上げます。


開催要領

 海運実務研修講座(22)「不定期船実務の基礎知識(全9回)」を下記のとおり開催いたします。
 本講座は、陸上業務編6回、海上業務編3回で構成されています。陸上業務編は、不定期船営業の経験豊かな船社経営者に実務のポイントをお話をしていただきます。
 その後、海上業務編は船社の現役船長に、船とその運航に関する技術的な知識・乗組員の話・舶用機関基礎・海事法規基礎・貨物と積み付けについて、船の図面、写真、貨物サンプルを用い、船上実務や体験に基づき、バルクキャリアーを例に分かりやすく説明していただきます。
 不定期船に携わる方、また断片的な知識はあるものの、船舶建造から処分までの全体像について理解を深めたい方などを対象にしています。
 なお、第6回の講座終了後、皆様の交流の場として懇親会をご用意しています。ぜひご参加ください。

●日 時 2018年10月22日〜12月17日 計9回
 【第1回〜第6回】 10月22日(月)、29日(月)、11月5日(月)、12日(月)、
            
14日(水)、26日(月) 15:30〜17:00(90分/回)
            
※第5回の日程を11月19日(月)から14日(水)に変更。
              (第6回の講座終了後、懇親会につき18:00まで)
 【第7回〜第9回】 12月3日〜12月17日(毎週月曜日)18:00〜20:00(120分/回)
             
※日程は変更になる場合があります。
●場 所

日本海運集会所会議室
東京都文京区小石川2-22-2 和順ビル3階(地下鉄後楽園駅/春日駅)

●講 師 【第1回〜第6回】
せとうちクルーズ 代表取締役社長(元 商船三井、元 神原汽船) 
城 暁男 氏

1972年大阪商船三井船舶(株)入社。不定期船部門を歩み部長を経て、Mitsui OSK Bulk Shipping (Europe) Ltd. Managing Directorに。
帰国後は、神原汽船(株)の取締役、常務取締役、社長、会長を歴任し、2017年1月から(株)せとうちクルーズ代表取締役社長を務めている。

【第7回〜第9回】

乾汽船 船舶管理部副部長 海務監督 船長 小坂 吉彦 氏

2001年乾汽船入社。
海上勤務後、営業・運航支援の海技員として陸上勤務を行う。その後、船舶管理部を経て海上勤務へ戻り、2013年船長として乗船。2014年11月より海務監督として海務・海技・船員の業務を務める。
●内 容 【第1回〜第6回】
 1.海運の歴史
  1)世界の海運の歴史              
  2)わが国の近代海運の歴史         
 2.海運経営
  2018年3月期海運会社の決算状況
 3.船舶保有の基本的な考え方
  1)Ownerと Owner-Operator
  2)海運業における利益追求の考え方
  3)船種・船型検討・・・荷主・傭船者の動向把握
  4)船価(新造か中古船か)検討
  5)本船コスト試算・・・船価、船員費、金利
  6)Operatorに傭船に出す場合の注意点
  7)傭船契約書(C/P)
 4.海運プール
 5.船舶処分の基本的考え方
  1)本船のCondition
  2)中古船市場 (Ship Sales & Purchase Market)
  3)対策
 6.海運営業─引合と運航、採算と実績
  1)引合(Chartering)の基本的な考え方
   A)手持ち戦力の把握
   B)市況の判断
   C)交渉相手の選択と環境判断
   D)Offerの準備・心構え(Estimation作成)
   E)交渉
   F)成約・契約書(Charter Party)作成
  2)運航(Operation)の基本的な考え方
   A)動静把握
   B)積荷・積高・Stowage
   C)積揚港
   D)航路・補油・気象海象
   E)船長・代理店への指図
   F)入出金
   G)Laytime Calculation
   H)海難・戦争・訴訟対応
   I)Arbitration(仲裁)
   J)EstimationとActual Resultとの比較

【第7回〜第9回】
 ・船舶概説(船体構造・載貨重量・ドラフトサーベイ・堪航性・堪貨性など)
  −船体構造を切り口にして、貨物船全般に船舶の普遍的な知識を解説します。
    この話が載貨・貨物・積み付け・堪航性・気象影響の話につながります。
 ・貨物と積み付け(港湾と荷役にも言及)
 ・乗組員の話
  −船員の職務・船内生活など
 ・海事法規(基礎的なもの 及び 実務で使用するもの)
  −国際条約(SOLASなど)、ISM codeとSMSなど
 ・気象・海象の影響
  −船体・貨物に与える影響(堪航性・堪貨性との関連)および運航に与える影響
    (ウェザールーティングとの関連を含む)
 ・舶用機関の基礎
 ※Bulk carrierを例とし、船上実務や体験に基づいた話を中心に行います。
●レベル 初・中級
●対 象 不定期船に携わる営業・オペレーター
断片的な知識を整理したい方
●受講料 会員:50,000円(税別)/非会員:100,000円(税別)
*資料代、懇親会費等を含む。
*請求書は後日郵送いたします。事前振込の必要はありません。
*会員かどうかご確認されたい場合は、こちら
●資 料 乾汽船発行「不定期船実務の基礎知識」(非売品)
日本海運集会所発行「KAIUN(海運)」6月号
日本海事広報協会発行「SHIPPING NOW 2018-2019」
別途、講座資料等を配布。
●定 員 50名(当所会員優先/先着順)

お申し込み方法

セミナーグループ
E-mail: こちらから どうぞ / TEL: 03-5802-8367
 以下のフォームをコピーし、こちらのE-mailの本文へペースト、必要事項をご記入のうえお申し込みください。
 なお、メールの件名には、必ずセミナー名を明記してください。
 申込受付後の返信は、講座開始の約1週間前にe-mailにて「受付確認兼受講票」をお送りします。

※海運実務研修講座(22)「不定期船実務の基礎知識(全9回)」の受講を申し込みます。

○御氏名(ふりがな):
○御社名:
○部課名:
○御社住所:
○御社電話:
○御社FAX :
○E-mail:
○入社年:西暦        年
○JSE会員: 会員 / 非会員

○請求書の宛先がお申し込み者と異なる場合は以下に別途ご記載ください:


*キャンセルは、 開催2営業日前の17:00までにご連絡ください。
 それ以降に、参加できなくなった場合には、代理出席をお願いいたします。
 それも難しい場合は、後日資料の郵送を以て出席とさせていただきます。

*本申込みにご記入いただく個人情報について
ご記入いただく個人情報に関しましては、個人情報保護法に基づき、適正な管理を行います。
ご記入いただく個人情報は、上記セミナーの受付、当日講師に配布する名簿への掲載およびこれらに付随する業務連絡・手配に関する使用を目的としておりますが、当所より発行しております「JSEメール通信」およびFAX等により、今後の海運関連のセミナーや刊行物、商品、サービス、活動等のご案内をお送りする際に使用させていただくことがございます。
個人情報の開示、訂正、利用停止、苦情等に関しましては、次の窓口までご連絡ください。
総務グループ TEL: 03-5802-8361/FAX: 03-5802-8371/E-mail: こちらから どうぞ
[ 前のページに戻る ] [ ページの先頭に戻る ]