English Page
www.jseinc.org内を検索
HOME >海事情報 > 海事法律事務所 > ブラウン・守谷・窪田・福田法律事務所

刊行物の一覧・ご注文
竣工船フラッシュ
マーケット・レポート
内航ニュース
海事法事例検索
雑誌記事検索
海事法律事務所
セミナー等
リンク集
採用情報
お問い合わせ
の表示があるページは当所会員のユーザIDとパスワードが必要です。
Total Access:

海事法律事務所

ブラウン・守谷・窪田・福田法律事務所

English Version

事務所名 ブラウン・守谷・窪田・福田法律事務所
所在地 〒105-0003
東京都港区西新橋1-1-3
東京桜田ビル502号室
TEL 03-3504-0251
FAX 03-3595-0985/0950
E-mail こちらからどうぞ
事務所の特色 概要

 当事務所は1955年に米国で海事関係事件を多く取り扱うグラハム・アンド・ジェイムス(在サンフランシスコ)の日本に於ける法律事務所として創設され、その後1969年に同事務所から分離、独立し、現在に至っております。独立後は、海事関係事件以外にも巾広く金融関係、会社関係、特許関係、一般民事、商事関係等の業務を行ってまいりましたが、現在では、主として海事関係及び一般民事、商事関係の事件を取り扱っております。
 海事関係事件としましては、船舶金融に関する書類作成・助言、傭船契約及び船荷証券に関する相談、貨物損傷事故の処理、造船契約についての相談、船舶管理・配乗船員問題対応、LNG船取扱対応・助言、海難事故(船舶の衝突、火災、座礁、港湾施設との接触、油流出油濁損害)等の処理を内外の船主、傭船者及び諸外国のP&Iクラブ・保険者のために取り扱って おります。
 当事務所は今迄、手がけてきた多くの難事件の経験を生かし、如何なる事件に対しても迅速かつ適切に対応できると考えております。

当事務所の過去に於ける主要取扱事件
  • ノ−ルウェイ籍油槽船タラルド・ブロビーグ号とクリンタンカー第11宗像丸の京浜運河に於ける衝突、爆発炎上事故(1962年)
  • ノ−ルウェイ籍油槽船ハイムバード号の室蘭日石に於ける岸壁衝突、炎上事故
  • ギリシャ籍船マーゴ号のインド洋に於ける高度晒粉火災事故
  • ユーゴスラビア籍船オバティジア号上に於ける高度晒粉爆発、炎上事故
  • 横浜港に於けるリベリア籍船マノロエヴェレット号上に於ける高度晒粉爆発、炎上事故
  • パナマ籍船パシフイック・アレス号と第11雄洋丸の東京湾に於ける衝突、爆発炎上事故
  • 太平洋で発生したリベリア籍船カリフォルニア・ヘルメス号の火災事故
  • 東京湾で座礁し、油を流出したパナマ籍船ダイヤモンド・グレース号事件
  • 日本海で沈没し、油を流出したロシヤ籍船ナホトカ号
これらの大事件は何れも円満に解決されています。
所属弁護士
・窪田健夫
弁護士(東京弁護士会所属)、海事補佐人、(一社)日本海運集会所仲裁委員会仲裁人、日本海法会会員
・福田千世子
弁護士(第一東京弁護士会所属)、(前)財務省審議会委員