English Page
www.jseinc.org内を検索
HOME > セミナー・講演会 > 海事判例研究会 > 第537回海事判例研究会

刊行物の一覧・ご注文
竣工船フラッシュ
マーケット・レポート
内航ニュース
海事法事例検索
雑誌記事検索
海事法律事務所
セミナー等
リンク集
採用情報
お問い合わせ
の表示があるページは当所会員のユーザIDとパスワードが必要です。
Total Access:

海事判例研究会

第537回海事判例研究会        

(2018年12月11日アップロード)

開催日時

 2018年12月26日(水)午後4時〜5時30分 

場所

 日本海運集会所会議室 MAP
文京区小石川2−22−2 和順ビル3階
電話  03−5802−8363

テキスト

  CSSA Chartering and Shipping Services S.A v Mitsui O.S.K. Lines Ltd
(The PACIFIC VOYAGER) [2018] EWCA Civ 2413
   

内容

本件は、昨年12月20日開催の第525回海事判例研究会で報告した英国高等法院判決の上訴審である英国控訴院判決であり、控訴院は、前航海傭船契約に基づく航海中の不可避的な事故により遅延が生じ、本契約の解除期日までに本船が船積港に到着できないことが明らかとなり、傭船者が解除権を行使した場合において、傭船者は船主に対する損害賠償請求権を有すると判示した高等法院判決を肯定した。
高等法院、控訴院とも、本契約の規定は、合理的な時期に本船が船積港向け航海を開始する絶対的な義務を船主は負う、と判示した先例と同趣旨の規定であるとし、傭船者が依拠した先例拘束性を認めたが、船主は、本契約は先例とは異なる規定であるから先例には拘束されないとして争った。

レジュメ

  当日配布します(Webへの掲載は翌日以降となります)

前回のレジュメ

  こちらからどうぞ(前回お送りしたパスワードをご利用ください)
  • テキスト、和文要旨および資料がAcrobat PDFファイル(のアイコンのファイル)の場合、Adobe Readerが必要です。
  • Adobe Readerをインストールされていない場合は下のリンクからAdobe Readerのダウンロード・インストールをお願いします。
    ※Acrobatは、米国Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)の商標です。
Adobe Readerのダウンロード