English Page
www.jseinc.org内を検索
HOME > セミナー・講演会 > 海事判例研究会 > 第531回海事判例研究会

刊行物の一覧・ご注文
竣工船フラッシュ
マーケット・レポート
内航ニュース
海事法事例検索
雑誌記事検索
海事法律事務所
セミナー等
リンク集
採用情報
お問い合わせ
の表示があるページは当所会員のユーザIDとパスワードが必要です。
Total Access:

海事判例研究会

第531回海事判例研究会        

(2018年6月14日アップロード)

開催日時

 2018年6月27日(水)午後4時〜5時30分 

場所

 日本海運集会所会議室 MAP
文京区小石川2−22−2 和順ビル3階
電話  03−5802−8363

テキスト

  SONGA CHEMICALS AS v NAVIG8 CHEMICALS POOL INC (The Songa Winds)
   [2018] EWHC 397 (Comm)

内容

SHELLTIME4書式を使用したT/C Chain(原船主をA社、中間傭船者をB社、再傭船者をC社とする。)において、再傭船者であるC社が売主となり、買主であるY社にヒマワリ種油を売却する予定であったが、当該売買契約の買主がY社からZ社に変更となった。新たな買主であるZ社は、当該貨物を元の買主であるY社の親会社(X社とする。)に転売することになっていた。
当該貨物は、船荷証券の提示なく、LOI渡しにてX社に引き渡された。なお、本件のLOIについては、「新たな買主Z社から再傭船者C社へのLOI」、「C社から中間傭船者であるB社へのLOI」及び「B社から原船主A社へのLOI」の、計3通が作成及び提供されていた。
然る後に、X社が転売元のZ社に対して代金を支払わなかったため、Z社に融資をした銀行が、原船主A社に対して、ミスデリバリーを争点とする仲裁を申し立てた。これに対して、原船主側は、差し入れられたLOIは有効なものであり、差し入れ元はLOIに基づき損害を補償すべきであると主張する旨の本件訴訟を提起した。

レジュメ

  (当日以降に掲載いたします)

前回のレジュメ

  こちらからどうぞ(前回お送りしたパスワードをご利用ください)
  • テキスト、和文要旨および資料がAcrobat PDFファイル(のアイコンのファイル)の場合、Adobe Readerが必要です。
  • Adobe Readerをインストールされていない場合は下のリンクからAdobe Readerのダウンロード・インストールをお願いします。
    ※Acrobatは、米国Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)の商標です。
Adobe Readerのダウンロード