English Page
www.jseinc.org内を検索
HOME > セミナー・講演会 > 海事判例研究会 > 第525回海事判例研究会

刊行物の一覧・ご注文
竣工船フラッシュ
マーケット・レポート
内航ニュース
海事法事例検索
雑誌記事検索
海事法律事務所
セミナー等
リンク集
採用情報
お問い合わせ
の表示があるページは当所会員のユーザIDとパスワードが必要です。
Total Access:

海事判例研究会

第525回海事判例研究会        

 (2017年12月1日アップロード)

開催日時

 2017年12月20日(水)午後4時〜5時30分
(通常より1週間早い開催となりますので、ご注意下さい)
  

場所

 日本海運集会所会議室 MAP
文京区小石川2−22−2 和順ビル3階
電話  03−5802−8363

テキスト

CSSA Chartering and Shipping Services S.A v Mitsui O.S.K. Lines Ltd
   (The PACIFIC VOYAGER) [2017] EWHC 2579 (Comm)

内容

本船(30万DWT、VLCC)につき、ロッテルダムから極東までの航海傭船契約(Shellvoy5書式使用)が締結されたが、前契約に基づく航海のスエズ運河通航中にバラストタンクへの急速な浸水があり、その原因は浚渫作業用の潜水物体に接触したことにあった。同事故について、本船又は船主の過失を問うとか、事故を防ぐことができたという提言はなかった。

船主から傭船者に対して、本船のサーベイの結果、また本契約履行の見通しについて連絡していたが、本契約上の解除期日(cancelling date)には、現状として、本船は数日後にドライドックし、修理に数ヶ月かかることを伝えたところ、その2日後に傭船者は傭船契約を解除し、その後約120万ドルの損害賠償を請求する訴訟を提起した。

本契約上、解除期日までに船積港に到着することが合理的に確実な日までに本船が船積港向け航海(approach voyage)を開始する船主の絶対的な義務(absolute obligation)が存在し、それは先決判例が示した義務であると傭船者(原告)が主張したのに対し、船主(管理船主、被告)は、本契約上、船主の義務は、絶対的な義務ではなく、相当の注意(due diligence)を尽くす義務であると主張して争った。

レジュメ

  (当日以降に掲載いたします)

前回のレジュメ

  こちらからどうぞ(前回お送りしたパスワードをご利用ください)
  • テキスト、和文要旨および資料がAcrobat PDFファイル(のアイコンのファイル)の場合、Adobe Readerが必要です。
  • Adobe Readerをインストールされていない場合は下のリンクからAdobe Readerのダウンロード・インストールをお願いします。
    ※Acrobatは、米国Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)の商標です。
Adobe Readerのダウンロード